HOME       LIST

【Classic ASP】ページ数計算する時、剰余の計算なしでページ数を求める

WEBでページ数計算する時、剰余の計算なしでページ数を求める

他人との比較は辞めて、自分の過去と比較して未来の自分を目指す。 - 2016/09/15(DOJEUN)

We'll call it even.(これで貸し借りなしってことにしよう/これでチャラってことにしよう/これでおあいこね)


コード

w_LAST_PAGE = -1 * int(-1 * [データ数] / [1ページ表示数])

データ数:17件
1ページに表示したいデータ数:5件
w_LAST_PAGE = -1 * int(-1 * 17 / 5)

結果:w_LAST_PAGE = 4

以前コンテンツ:【Classic ASP】エラー処理
次のコンテンツ:【Classic ASP】配列簡単メモ



Copyright(c) 2007-2021 dojeun.com All Rights Reserved.

Valid XHTML 1.0 Transitional