HOME       LIST

【Classic ASP】UTF-8対応

Classic ASPでのUTF-8対応

何でも良いから世界一になれ! - 2016/07/14(DOJEUN)

When one door closes, another door opens.(チャンスを1つ失っても、また別のチャンスがやって来る/捨てる神あれば拾う神あり)


①ASPの最初に <%@ CodePage=65001%> を定義
②ASPファイル自体をUTF-8形式に保存
*AJAX関連XMLHttp通信の場合、データは「UTF-8」で交通する。

以前コンテンツ:【Classic ASP】文字列から指定バイト分の文字列を取得する。
次のコンテンツ:【Classic ASP】エラー処理



Copyright(c) 2007-2019 dojeun.com All Rights Reserved.

Valid XHTML 1.0 Transitional