HOME       LIST

クラウドサービス

クラウドサービスに関する簡単メモ、メリット、デメリット、種類等

ストレスを感じた場合は、できるだけ早く解消すること。 - 2017/03/18(DOJEUN)

Who's coming on her behalf? (彼女の代わりに誰が来るのですか?)


クラウドシステムとは

ネット上のどこかにあって仕事をしてくれているが、
どこにあるかはよく分からないサービスを、クラウドと呼ぶ。
 ウェブメールが代表的クラウドサービス。
 従来のメールは自分のパソコンに「Windows Liveメール」や「Outlook」や
「Thunderbird」などのソフトウエアをインストールしてから利用が可能だった。
 ウェブメールは「Internet Explorer」や「Chrome」などのブラウザーがあれば
 場所に関係なく利用が可能。

メリット

 サービスを試して見て自分にあるなら使い続ける。
 ソフトウェアーを購入してパソコンにインストールする作業が必要無い。
 バージョンアップ等の作業も不要。
 ハードウェアー購入がないので機器設置場所も必要ない。
 ハードやソフトを維持管理するための人手や電気代、ハードウエアの置き場にかかる家賃、
 セキュリティ対策費用など、運用コストが大幅に削減できる。
 「月額いくら」「1ユーザいくら」という従量課金のクラウドサービスは、必要な時に必要
 な分だけ利用して、サービスの利用料を支払う。
 必要最小限のサービス利用で無駄をなくす。

 ・社内サーバーが不要
 ・IT投資のリスク軽減
 ・常に最新でメンテナンスが不要
 ・導入や維持に関する社内担当者の負担軽減

デメリット

 ・カスタマイズが苦手
 ・サービス継続の不安

「IaaS(アイアース、イアース)」(Infrastructure as a Service)

インターネット経由で、デスクトップ仮想化や共有ディスクなど、
ハードウェアやインフラ機能の提供を行うサービス。
HaaS(Hardware as a Service)と呼ばれることもある。

「PaaS(パース)」Platform as a Service

 インターネット経由での、仮想化されたアプリケーションサーバやデータベースなど
 アプリケーション実行用のプラットフォーム機能の提供を行うサービス。

「SaaS(サース、サーズ)」Software as a Service

利用者が必要なときに、ネットワークを通じてソフトウエアを使う形態。
 インターネット経由での、ウェブメール(GMail, Yahoo!メール)、
グループウェア、顧客管理、財務会計などのソフトウェア機能の提供を行うサービス。
 以前は、ASP(Application Service Provider)などと呼ばれていた。

クラウドサービスを利用する場合には、

データがクラウドサービス事業者側のサーバに保管されているということ、
インターネットを介してデータなどがやりとりされることなどから、
十分な情報セキュリティ対策が施されたクラウドサービスの選択が重要であるという
ことを理解した上で利用することが大切。

以前コンテンツ:シンクライアント環境を整理する。
次のコンテンツ:スマホブラウザ URL コピー



Copyright(c) 2007-2020 dojeun.com All Rights Reserved.

Valid XHTML 1.0 Transitional